斎藤一人の絶対成功する千回の法則

斎藤一人の絶対成功する千回の法則
斎藤一人

斎藤一人の絶対成功する千回の法則
4062118815酒井 一郎

おすすめ平均
stars心の話です
stars自然に、自然に、楽に楽しく、を説く、ビジネス本のような宗教本のような
stars人生に一冊
starsありがとうございます。私は成功しました。
stars何か惹かれるものがあれば,次につながる本があります。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 斎藤一人さんの本は、テクニックは書いてありません。むしろ精神論的な、心の持ち方です。これはある意味、本田健さんに似ています。ただ違いが一つあります。それは一人さんは長者番付の常連だということ。しかも事業所得による納税トップは一人さんだけ。ほとんどの人は、不動産所得や株の売却益での納税トップです。

 如何にすごいかわかりますか??

 ところで本文に書いてあることで、ものすごく感銘を受けたところがあります。それはp111のところで、「テレビが役に立たないわけ」に書かれてあります。一人さんは、テレビの情報は役に立たないといっています。それは無料だからです。無料で手に入れる情報には価値がないと。

 わたしもそれは同感です。無料で手に入れる情報は、古いかすでに通用しなくなっているものだけです。普遍的な内容のものもありますが、その見極めはできますか?

 だからわたしは少しでも自分に必要だと思ったら書籍は買いますし、インターネット上での情報にもお金を出します。

 一人さんは、「本もタダでもらっては価値がなくなります。」と言っています。「何かに役立てたいと思ったら、かならずお金を出して本をかうようにしましょう。」と知識を得るお礼にお金を払うことを説いています。これは、お金を払った方がその知識が血となり肉となるからです。

 一人さんのように大成功している人でも、実は実践していることってのは我々の知っていることなんでしょうね。それをやるのか、やらないのか、そこに大きな差がつくんだと思います。だからわたしは少しでも動くことを決めました。もう情報を入れるのは必要ない、とはいいませんが、インプットした以上にアウトプットすることにしました。

 現にこうしてアウトプットしています。このアウトプット自体は少しの行動ですが、これが集まれば大きなことになりますから。

 それと一人さんは「ツイてる」を口ぐせとしています。つまり、何事も自分を向上させるものであるから、例え事件であっても自分はツイてる、これを機会に自分を成長させることが出来ると考えています。これってスゴイ事ですよ。普通、嫌なことがあればそのまま気分が落ち込みます。一人さんは、そんな事で自分が落ち込むのはバカらしいと思っています。だったらその気持ちを切り替えて、常に自分が幸せになるために時間を使いたい、と考えているようです。

 実際、嫌なことが起これば嫌な気分になります。でも「幸せだなぁ」とか「ツイてる」とか、その時に思っていなくても口に出して言う。これだけで不思議と心が軽くなります。実際わたしもその口ぐせをやっています。ため息をついてしまったら、すぐその後に「幸せだなぁ〜」と口にしています。(笑)

 これって随分と変わりますよ。成功者は、その時の気分で作業が進んだり停滞したりすることをもったいないと考えています。だから極力気分が落ち込まないように自分のコンディションを整えます。環境を作ります。そして人の悪口は絶対に言いません。マイナス思考は、結局自分を引っ張ってしまうからです。

 斎藤一人さんの考え方、ビジネスでの具体的戦略は描いてありませんが、大切なマインドが書いてある一冊です。これも手元に置いておきましょう。

斎藤一人の絶対成功する千回の法則
posted by ゆうしん at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。